【播磨科学公園都市】

兵庫県佐用郡佐用町・たつの市・赤穂郡上郡町の3町にまたがる標高約300mの山を切り開いて『播磨科学公園都市』(西播磨テクノポリス)が建設されました。

『播磨科学公園都市』のパノラマです。
画像の上をドラッグしてマウスを左右に動かすと、速く見られます。



【写真1】
赤穂郡上郡町金出地(かなじ)から播磨科学公園都市(西播磨テクノポリス)へ 通じる【スカイライン】(?)です。
画面左下に見える集落が金出地です。


【写真2】都市内の最大交差点『テクノ中央』

【写真3】この写真中央に見える丘がSPring−8

【写真4】写真右に見えるのは『光都プラザ』

【写真5】ご覧のとおり住宅です (^^;;

【写真6】先端科学技術支援センター(通称:CAST)

【写真7】兵庫県立大学理学部

 上の写真【3】から【7】を左から右へ順番に並べると、播磨科学公園都市のパノラマ写真ができます。
 写真【3】が ほぼ北向き、写真【6】が ほぼ東向き、写真【7】が 南東向きです。(3から7まで 視野は約140度 くらいです)

科学公園都市内の幹線道路にある最も大きな交差点【テクノ中央】です。これはほぼ南向きの写真です。
写真【3】から【7】のパノラマ写真は、この写真の右斜め側の丘から撮ったものです。
この交差点を右折すると、トンネルを抜けて写真【1】のスカイライン経由で上郡町内へ通じています。


科学公園都市内の中心施設【SPring−8】は右側の丘の向こう側にあります。(直径 数百m)
下側の道路が中央幹線で、左前方へ約1km進むと、上の写真【テクノ中央】交差点にでます。(ほぼ南向きの写真です)


上の写真の右側にある世界最大級の大型放射光施設『SPring−8』です。直径 約500mあります。